Entries

スポンサーサイト

ここだけは早めにしておきたい高齢者リフォーム

ここだけは早めにしておきたい高齢者リフォーム高齢者とは、65歳以上と言うのが一般的な見方ですが、65歳の片って、まだまだ若いですよね。老後を高齢者施設で過ごすか、最後まで自宅で過ごすかはそれぞれですが、もしも自宅で過ごしたいと考えているのなら、ある程度若いうちに、リフォームを行なっておきたいところがあります。全てをバリアフリーにするのは大変だと思いますが、キッチンをIHに変えることと、なるべく段差をなく...

高齢者の自宅リフォームが増加(高齢者見守り)

高齢者の自宅リフォームが増加(高齢者見守り)日本国内の人口の4人に1人が65歳以上という現在、待ちを歩く人を見ても、年配の人が多く感じます。超高齢化社会を向かえ、ここ数年リフォームの需要が増えているそうです。簡単に言うと、高齢者が自宅をリフォームして、快適に暮らせるような改築が増えているということ。巣立った子供の部屋はもう要らないし、一部屋を広くしてバリアフリーにしたり、キッチンをオール電化にしたり、...

「リフォーム融資の債務保証制度」毎月の返済は利息だけ

「リフォーム融資の債務保証制度」毎月の返済は利息だけ「リフォーム融資の債務保証制度」は高齢者住宅財団が行っている保証制度のひとつです。不動産はあるけれど、家を担保にお金を借りたら返済が大変なのでリフォームの資金がない…家を売却して高齢者施設で暮らそうかとも考えたが、入居した施設がイヤになったときに帰る家がなくなってしまう…。そういう高齢者は多いようです。「リフォーム融資の債務保証制度」は、住宅金融支...

高齢者住宅財団の「リフォーム融資の債務保証制度」

高齢者住宅財団の「リフォーム融資の債務保証制度」高齢者住宅財団は、賃貸契約の保証人「家賃債務保証制度」だけでなく、年金だけで暮らす、高齢者のリフォーム融資の保証人制度もあります。「リフォーム融資の債務保証制度」を実施してるのは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が行っているリフォーム融資の保証人です。なかなか高齢になると融資を受けたくても受けられない事が多いです。高齢者住宅財団は、自宅を担保にするこ...

高齢者リフォーム、自己資金がない場合…

高齢者リフォーム、自己資金がない場合…年をとると、若い頃できていた生活が難しくなり、ちょっとした段差につまずいたり、お風呂場の使い勝手が悪くなるなど、転倒しやすくなります。ドアを引き戸にしたり、畳をフローリングにしたり、お風呂も足腰に負担なく入れるようなリフォームがしたいという方が多くおられます。でもリフォームするには自己資金がなく、家はあっても現金(キャッシュフォロー)が無いというのが現実。高齢...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。