Entries

認知症徘徊防止の役立つグッズ

認知症徘徊防止の役立つグッズ日本人の4人に1人が65歳以上という超高齢化社会を迎え、認知症の症状を持つ人も増えてきています。家族に認知症を持つ人の苦労は大変なものだと思います。認知症になって一番心配なのは「徘徊」ではないでしょうか。知らない間に外出して、帰ることができなくなったら大変ですから。勝手に外出して、自宅が分からなくなり、帰ることができないまま保護先の老人施設で生活する高齢者もかなりの数に上っ...

位置情報サービスGPS(じーぴーえす)で徘徊対策

位置情報サービスGPS(じーぴーえす)で高齢者、認知症の徘徊対策位置情報サービスGPS(じーぴーえす)での徘徊対策を行なう人が増えてきました。認知症になっても、すぐに全ての記憶がなくなるわけではありません。ある程度までは、携帯電話やスマートフォンで対応もできるでしょう。認知症は徐々に進行していきます。認知症が進んで、徘徊の心配がでてきた時にGPS(じーぴーえす)を使った発信機を利用すると良いでしょう。GPS位...

認知症で徘徊が始まると…

...

認知症になったら…老後に望むもの

認知症になったら…老後に望むもの5人に1人が65歳以上の高齢化社会ももう目の前まで来ています。高齢化が進むと、比例して認知症の患者数も増えてきます。核家族化が進む上に、認知症が増えてきた場合、地域みんなで見守り活動を行なうことが重要になってきます。人事のように考えている人たちだって、みんな平等に歳をとるわけですから、明日はわが身…若い世代の人たちも、親の年齢を考えると決して人事ではないのです。そんなとき...

認知症は地域みんなで見守る

認知症は地域みんなで見守る認知症の徘徊老人を、地域みんなで見守る取り組みが進んでいます。福岡市などでは、認知症で居場所が分からなくなったら、防災メールで一斉に捜索をかけ、登録者に近くに俳諧者がいないかメールで知らせます。見かけた場合はメールに掲載されたところに電話で連絡します。認知症の見守りシールを配布している自治体もあります。シールには個人が特定できるシリアルナンバーとバーコード、徘徊みまもりシ...