Entries

緊急通報システム(自治体の高齢者見守り)

緊急通報システム(自治体高齢者見守り

一人暮らしの高齢者の自宅に、緊急通報サービスを設置するサービスを始めた自治体も出てきました。

全てが無料というわけには行きませんが、所得によって無料だったり、システム機器のレンタル料金のみの支払いで利用できたりします。

高崎市では、全て無料で利用でき、緊急通報サービスだけでなく、人感センサーでの見守りもしてくれるという徹底した自治体もあります。

緊急通報が入ると、委託してある業者に通報が入る仕組みになっています。

緊急通報システムを導入している自治体は増えてきましたが、高崎市のように、全て無料で安否見守りに力を入れているところもめづらしいですよね。

実際、緊急通報サービスは、ボタンを設置しているところまで行かなければ行けないというネックがありましたが、高崎市の場合は、可動式のボタンもあるようで驚きました。

もう、アルソックやセコムのシニアサポートをお願いしているようなものですから。

このようなサービスも、知っているの問い知らないのとではかかる費用も変わってきます。

どんな安否見守りサービスがあるのか、まず情報収集から始めてみるのもお勧めです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

高崎市 無料のあんしん見守りシステムがすごい

高崎市 無料のあんしん見守りシステムがすごい


高崎市の実施している高齢者向けサービス

あんしん見守りシステムがすごい

は、地方自治体の取り組みとして画期的だと思いました。

超高齢化社会を目前に、素晴らしい取り組みだと思います。

高崎市が行っている「あんしん見守りシステム」は、65歳以上、一人暮らしか、夫婦二人暮しの高齢者が対象の安否見守りサービス。


市が貸し出す「緊急通報装置」と「安否確認センサー」で緊急事態に、市が委託した安否確認センターが対応するという仕組みです。

もちろん365日、24時間通報を受付け、対応してくれます。

しかも全て無料

緊急事態が起きたら、消防や民生委員、近隣住民との連携もとって適切な見守りを行います。

これだけのサービスが全て無料なんてすごいですよね。

まるで、アルソックやセコムのシニアサポート(高齢者安否確認サービス)を無料で受けられるようなものですよね。

自宅の電話回線を使うので、電話回線を引いていることが前提条件ですが、固定電話はほとんどの高齢者宅で電話を引いているので大きな問題ではないはず。

もしも固定電話を引いていなくて、新規に契約したとしても、他の見守りサービスを利用するよりも、月額費用は安く上がるはずです。

高崎市の、高齢者福祉は、全国に先駆け、とても充実しているんだなと思いました。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

リストバンド型の安否見守り(転倒検知機能付き)

リストバンド型安否見守り(転倒検知機能付き)

セコムがサービスを始めたセコムマイドクターウオッチをご存知でしょうか。

時計のように腕にはめるリストバンド型の高齢者を対象にした安否見守り端末です。

リストバンド型の端末は生活防水加工してあるので、お風呂にも持ち込めます。

ペンダント方よりも使いやすく、かなり小型化に成功していますよね。

持病がある高齢者や、足腰に自信がない方には、付属のボタンを押せばセコムに通報できますし、一定時間動きがないと連絡が行くので便利かもしれません。

自宅ないではセコムのホームセキュリティのコントローラーからセコムに通報、外出先の場合は、スマートフォンのダウンロードしたアプリを介してセコムに通報します。

アルソックにも同じようなサービス「まもるっく」がありますが、コチラは端末自信からセコムに通報したり、オペレーターと会話する事ができます。

状況に応じて現場急行してくれるというサービスです。

ただし、リストバンド型ではない端末なので、一長一短です。

詳しく比較しているサイトもありますよ

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

Appendix

スポンサードリンク

QRコード

QRコード