Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「徘徊」の名称を検討(高齢者を取り巻くニュース)

徘徊」の名称を検討(高齢者を取り巻くニュース)

認知症の人が1人で外出したり出歩いたり、道に迷う事を、通常は「徘徊」と呼んでいましたが、その呼び方に関して変化が出てきています。

認知症の方々からのその呼び方を止めてくれないかという要望が出てきたんですね。

それによって、「徘徊」と言う文言を使わない自治体も全国で広がりを見せてきているんです。

「徘徊」と言うと、どうしてもイメージが悪く、悪いことをしているわけでもないのに、迷惑というイメージがありますからね。

認知症の人に言わせると、一人で外出するにしても、目的もなくうろうろ歩いているわけではなく、歩いている時にはちゃんと目的があると言います。

考えてみると、外出する時には目的があるというのも頷けますよね。でも途中でその目的を忘れてしまって、加えて自分の住んでいる家や、名前が思い出せなくなってしまったりするんです。

決して他人ごととは思えません。

認知症のリスクって、昔の人より現代の人の方が高いようですから。

食品や、金属、さまざまなものから認知症の発症リスクを高める成分がわかってきているし、何より長生きすれば、それだけ認知症のリスクは高くなりますよね。

もうすぐ65歳以上の高齢者は、3人に1人となるのです。

ただ、自分がどこにいるのかわからなくなったり、家に帰れなくなると言うことがないよう、GPSなどを使った位置情報サービスの端末を身につけるようにするのも解決策のひとつです。

ココセコムの位置情報サービスや、キンセイなどのビーコンを使ったサービスもあります。

セコムは緊急出動ができるので、何かあった場合はセコムの隊員が緊急出動してくれるので安心ですよね。


※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

自動車の運転免許、自主返納も増えている?

自動車の運転免許自主返納も増えている?

自動車の運転免許、自主返納が増えてきたとニュースで流れていますが、本当にそうなのでしょうか?

交通の便のいい、街中で暮らす人は、車の運転をしなくても、交響の交通機関が発達しているので、すんなり移行できると思いますが、農村部などの集落では死活問題です。

畑仕事をするにも、買い物にいくにも、病院に薬をもらいにいくのだって車での移動が主ですから。

ただ、高齢になると判断力が衰えたり、とっさのブレーキを踏み間違えたり、認知症、急な発作など問題があることも事実です。

そのあたりをどのように解決していくかが焦点になると思います。

最近では都市部でも、バスの路線が変更になったり、運行本数が激減したり、高齢者の優遇が改悪したりと、今までと同じようには回らなくなってきています。

買い物にも便利だからと郊外に家を購入しても、スーパーが閉店したり、バスの便が午前と午後の1本づつになったり、よほどの中心部でない限り、公共交通機関はあてにできないと思います。

ただ、車は便利ですが当然維持費の問題もあります。

子供と同居しない、迷惑を掛けないという考えの場合、1人で独立して暮らすより、気の会うもの同士数名で暮らすのが理想なのかもしれません。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

高齢者は何歳からだと思いますか?

高齢者何歳からだと思いますか?

高齢者見守り、高齢者安否確認、高齢者安否見守り…

高齢者って一体何歳からを言うのでしょうか。

一応高齢者の定義はあるようです。

高齢者は、65歳から…

これは、さまざまなサービスを受けるのに対する高齢者の定義としての年齢です。

たとえば国民年金を受け取る年齢だたり、介護保険の年齢だったり、公的な機関のサービスを受けられるようになる年齢ですね。

でも、一昔前までは定年退職は60歳だったし、年金の支給も60歳からだったはず…。

時代に流でコチラもどんどん年齢が引き上げられています。

でも、今の60歳って、昔の60歳とは違って、確かに若いですよね。

栄養や、医療の発達もさることながら、みんなイキイキシテイル気がします。

65歳が高齢者のラインかもしれないけれど、65歳を高齢者と呼ぶのは、申し訳ないような気がします。

心臓が強く、骨がしっかりしていて自分の足で歩く事ができれば、元気にシニアライフをおくる事ができるといいます。

確かにそうですよね。

そのためには栄養のバランをと、適度な運動、そして生きがいを持つ事が大事です。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。