Entries

高齢者見守りシステム自治体の取り組み

高齢者見守りシステム自治体の取り組み

独居老人が増え、高齢者施設への入居、孤独死など様々な問題も多く耳にする機会が多くなってきました。

あと数年で国民の3人に一人が65歳以上の高齢者となる超高齢化社会を目前に控え、各自治体も様々な取り組みを始めています。

中でも群馬県高崎市は、高齢者の安否見守りには全国を見ても飛びぬけてきめ細かな高齢者見守りを行っています。

65歳以上の高齢者世帯に、緊急通報ボタン・人感センサーを無償で貸し出すというものです。もちろん収入制限はなく、高齢者世帯であれば分け隔てなく借りることができます。

このシステムで24時間365日の安否見守りが実現しています。

緊急通報ボタンの貸し出しを行っている自治体は多く見かけますが、そのほとんどが収入による制限があったり、月額使用料金の負担があります。

緊急通報だけでなく、人感センサーを使った見守りまで無償化するには、財政的な負担がネックになる自治体が多いのが現実です。

自治体の取り組みとは別に、よく利用されているのが見守り家電です。

見守り家電といえば、湯沸しポットでの見守りを始めた「象印」の「みまもりiポット」。

安否見守りに活用なさっている方も多いと思います。

緊急時だけでなく、普段の様子が分るところが指示されているようです。

多くの見守り家電の月額使用料は3000円~5000円くらいが一般的です。

「みまもりiポット」も初期費用の他に月額利用料が3000円(税別)です。(料金は記事作成時の金額)

セコムやアルソックでもシニアサポートとして、安否見守りに力を入れ始めています。

緊急時の駆けつけサービスもあって、月額3000円くらいから…見守りポットと同程度の料金ときくと、もっと知りたくなりますよね。

詳しく調べているサイトなどもあるので、まずは情報収集からはじめてみるといいかもしれません。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

「ここくま」でカメラつき安否見守り

ここくま」でカメラつき安否見守り

カメラつきの見守り商品「ここくま」をご存知でしょうか。

ひとり暮らしの高齢者見守りに開発されたクマのぬいぐるみです。

瞳にカメラを内蔵させており、置き場所によってですが、ほぼ資格をなくした状態で、カメラの映像を用いた独居老人の安否を見守ができます。

胸についたボタンは緊急通報システムになっており、胸のボタンを押すとあらかじめ登録しておいた最大9人の登録者に、緊急事態を知らせる電話を設定できます。

ひとり目が応答しなければ次の登録者へ、留守番電話だった場合も次の連絡者へ…と、確実に連絡が取れるまで次々に通報連絡がなされます。

熊ちゃんの左右の手はメッセージを聞いたり、また吹き込んだメッセージを送信できるという機能もあります。

ただ、カメラで見守るという点については、見守られる側の強い不快感を考慮する必要があります。

たとえ老人とはいえ、プライバシーはあります。

知らない間にカメラで監視されていたということのないよう、カメラがついていること、安否を見守るための物であるということを理解して使ってもらうことが大事です。

価格は3万円くらい。
設置費用などがかからないので安否見守りとしては導入しやすいのではないでしょうか。


※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

高齢者 安否確認できる家電製品

高齢者 安否確認できる家電製品

一人暮らしの高齢者安否見守り は、ここ数年で一気に増えてきました。

最初に目にしたのは湯沸しポットによる安否見守りシステムです。

・象印の「みまもりiポット」
湯沸しポットの使用履歴を見守る側の携帯に定期的に送信してくれます。

お出かけの時はお出かけボタンを押せばOK
ポットはレンタル品ですが、新品が送られてきます。


・コーヒーメーカーのネスカフェが提供しているのが「バリスタi」で、利用状況をメールで知らせてくれるもの。
バリスタは無料で貸してくれて、コーヒーのカートリッジを購入するシステムです。


・フォトスタンド型ミマモリエ
フォトスタンドに着いたセンサーが、動きをチェックして、見守る側に状況をメールで送信してくれます。

・「NTTシルバーホン」ココクマ
カメラ内臓の熊のぬいぐるみには、緊急ボタンもついていて、ボタンを押すと最大9人まで登録した緊急連絡先に異常を知らせてくれます。

家電による見守り は他にも様々な一人暮らしの老人向けの安否見守りサービスがありますよ!

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

Appendix

スポンサードリンク

QRコード

QRコード