Entries

介護施設や老人ホームでのおやつは楽しみの一つ

高齢者介護施設や老人ホームでのおやつは楽しみの一つ

老人ホームなどの高齢者施設では、朝昼晩の食事以外に、ティータイム(おやつの時間)を設けてあるところが多いです。

年を取るとどうしても口が渇きやすくなりますし、意識して水分をとるように心がける必要があるので、理にかなっていますよね。

そして、外出する機会の少ない高齢者にとって、ちょっとしたおやつも、日々の楽しみのひとつになっています。

施設によってはおやつの時間は、音楽を聴いたり、楽しくおしゃべりしたり、気分よく過ごせるような工夫をひている老人ホームも多いです。

おやつの種類も色々ですが、ビタミンやミネラルが不足しがちならフルーツ。

主食を残しがちなら、焼き芋などの主食に近いものもいいですよね。

老人ホームなどの高齢者施設では、おやつも食事の一環として考えているので、バランスよく配慮してあるところが多いです。

もしも入居を検討しているのであれば、食事の充実度の高いところ、総合的に美味しく、食べやすく、食事自体を楽しめるような配慮があるのが理想的です。

パンフレットだけではわからないところもありますし、写真や口頭の説明だけでなく、実際に見たり、試食して確認してみる事をオススメします。

可能であれば、体験入所しているのもオススメ。

1日を通しての時間割や、どんな雰囲気なのかがよくわかりますよ!

高齢者安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

老人こそシェアハウスがオススメ

老人こそシェアハウスがオススメ
若い人のシェアハウス利用者は多いけれど、老人シェアハウスってあまり聞きませんよね。

でも、わたしは1人暮らしの老人こそ、シェアハウスがいいのではないかと思ってます。

人と気を使いながら暮らすのはイヤだ!

という人が多いのは分かっているけれど、荷物を最小限にして、気の会う人たち数人で暮らせるなら、子供と暮らすよりいいかもしれないと思ってます。

所帯が大きくなりすぎるとよくないけれど、数人で暮らせばあらゆる費用が少なくて済むし、何より会話ができるから。

調子が悪い時もお互いわかるから、何かあったときに気付いてもらえるのもいいかなって…

人に話すと理想論だというけれど、それでもやっぱり老人こそシェアハウスがいいのではと思ってしまいます。

張り合ったり、自慢したりという見栄をなくして数人で暮らせば、花を育てたり、自然を楽しんだり、本当の意味でいい人生を送ることができるではないかなと思います。

私はそんな生活を夢見てます。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

ネスレジャパンコーヒーマシーンで安否確認

ネスレジャパン(ネスカフェ)コーヒーマシーンで安否確認

ネスカフェでおなじみの「ネスレジャパン」も高齢者の安否見守りサービスを始めているのをご存知でしょうか。

バリスタi(ばりすたあい)」というコーヒーマシーンを使用することで安否確認を行うというものです。

期間限定とはいえ、無料キャンペーンを利用すると、コーヒーのカートリッジを定期購入するだけで、8000円ほどするコーヒーマシーンがただになるのですからかなりお得ですよね。

無料といっても、一応レンタルという形で、カートリッジの定期購入がなければ、マシーンは返却しなければなりませんが、朝がパン食なら毎朝コーヒーを飲むでしょうし、ハードルは低いと思います。


といっても、もちろん新しいマシーンが届くので安心してください。

湯沸しポットの見守りでも初期費用が5000円ほどかかる上、月額使用料金は3000円ほどかかります。

バリスタを使うのであれば、コーヒーのカートリッジは必要不可欠なので、上手くできたサービスだと思います。

コーヒーを定期購入する場合は、割引もあるし、お得に浸かるような工夫がされているので納得して使えますよ!

ポットの使用で安否見守りするのと似ていますが、違うのは初期費用がかからないことと、月額費用も要らないこと。

無料で使えるってやっぱり嬉しいですよね。

バリスタiの無料キャンペーンは期間限定なので、もし試してみたい場合は早目がいいかも…かなりお得だと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」


Appendix

スポンサードリンク

QRコード

QRコード